トレーニングの種類

ブログ

  
 
一日の時間の流れが速いですね!気が付けばあっという間に夕方になってしまいます。わたくし
相模原市橋本駅から「徒歩5分」。パーソナルトレーニングジム「たなとれ倶楽部」の田中勝明です。
 
パーソナルトレーニングの指導に関するお問い合わせで多い物が

 

というご質問をいただくことがしばしば。
安心してください。

 
トレーニングというものは種類がたくさんあります。
ガンガン筋肉を付けたい人と、ダイエットの人、怪我後の人の運動は全てやり方が違います。
また、その中でも、運動初心者、中級車、上級者ではまた内容を変えていくのが普通です。
ですので、自分が全くの初心者でも全く不安に思う事はありません。
 
パーソナルトレーニングは、個人の運動経験・レベル・体力(柔軟性・パワー等)に合わせて運動を組み立てますので、いきなり重たい物を持たされることはまずありません。
見よう見まねで始めて失敗したり、初めより遺体が増してしまうよりは、不安があるときこそパーソナルトレーナーを頼っていただきたいものです。
 
ちなみに「不安のある個所」の中で、特に質問が多いのが「下肢」に不安がある方からのお問い合わせです。
「膝」「足首」「股関節」
この辺りは怪我をしてしまう方や痛みを抱えている方が多いですね。人間、二本足でずっと動く生き物ですから、そもそも使用量が多い箇所ですね。
疲労や筋力バランスの変化(加齢などによるものも含む)で関節に障害が起こりやすい箇所であります。
 

下肢は筋肉量が多いですので、必要な箇所にバランスよく筋肉を付けると痛みが抑えられることが期待できます。
 
内容はたくさんある種目の中で、皆さんに合ったトレーニングをチョイスします。
例えばどんなものがあるのか、少しご紹介を。
 
痛み予防改善運動の中で、私の指導中人気があるのは

不安定な状況を作ることによって、体幹が鍛えられ、バランスがとりやすくなります。
また、足首などゆっくりとこちらのペースで動きをつけることが出来ますので、足首など関節の動きを良くするような効果もあります。
バランスディスクを使い腹筋のようなトレーニングを行うこともできます。
 
扱いやすく、効果のあるグッズですね!
昔は病院でリハビリに使うことが殆どだったようですが、ある時期を境に、その手軽さと効果効率の良さからトレーニングジム内でよく使用されるようになりました。
 
私もこのディスクはよく使います。色々使えて非常に便利です。
簡単そうに見えますが、はじめての方はこの上にただ立つだけでも、相当疲れますよ!
それだけいろいろな神経を使えるという事ですね!
機能改善運動以外に筋力強化などでもよく使用します。
 

 
もう一つ私が好きなものは重たいボール

 
こちらは「学生時代に部活動で使ったよ」という方も多いのかもしれません。
重さは軽い物から非常に重たいものまであるのですが、「ボール状」であることから非常に扱いやすい道具です。
 
片手で持つ、放り投げる、床に置く、などなど使い方は思いつくままに使えます。
それでいて、狙った通りの負荷をかけるのに非常に「ちょうど良い」グッズでもあります。
 
初心者はこれを使いながら全身のトレーニングをするのも良いですし、慣れている方は追い込みやボディメイクの仕上げにボールを使う事も面白いです。
 
教科書や、本屋でトレーニングの本を見て自宅トレーニングをしている人は、教科書の内容をやり終えてしまうともうトレーニングの種類がないのだと勘違いしてしまうのですが、冒頭にも言った通りトレーニングの種類は山のようにあるのです。
このような道具を使ったものもそうですし、自重で出来るトレーニングにしてもそうです。
 
私は、このような道具を使ったトレーニングや自重のトレーニングは様々なトレーニングに取り入れています。
やりやすく、且つ楽しいですからね!
 
この「楽しい」というのが初めての人には大切ですよね!運動を始めたばかりの人は不安もあるでしょうが、楽しければ運動を継続できますからね。
ということで、楽しく効果が期待できる運動を体感してくださいね。

 
簡単な道具であると言いましたが、気をつけないといけない内容などもあります。
「膝が痛い」というような方は、ぜひパーソナルトレーニングを受けに来た時に使い方を聞いてくださいね。
 
今日はトレーニングの種類の中でも道具を使用する内容でした。また、他の道具なども機会を見て紹介したいと思います!
 

Please follow and like us:

Facebook104
Facebook
Instagram310
SOCIALICON
?