長時間運動したら痩せるの?

ブログ

  
 
水曜日は絶対に大掃除をすると決めているのですが、今日は窓を開けて大掃除していたら汗だっくだくです。暑いですね!水分補給しっかりしてくださいね!さて、みなさまこんにちは。相模原市橋本駅から「徒歩5分」。パーソナルトレーニングジム「たなとれ倶楽部」の田中です。
 
今日もダイエット記事ですが、今日は「運動量と痩せる量は比例するのか」について書いてみたいと思います。
 
これ、よく聞かれるのですけれど、純粋にたくさん動き続けられるのであれば

 
人間が1キロ脂肪を落とすのに必要なエネルギーは7700キロカロリーです。
10キロ落とそうと思ったら77000キロカロリーを消費すればよいわけですね。
 
これをもし、ジョギングだけで消費しようとした場合、どれくらい時間がかかるのでしょうか。
体重60キロの人で計算したら、10267時間走り続けなければ消費できない計算です。つまり、171日間走り続ければ脂肪が10キロ落ちるんですね。
 
という事で、時間をかけてたくさん運動すればたくさん脂肪が落ちるという事は間違いではありません。
 
ですが、当然このような運動は無理ですよね。
ダイエットをしていても毎日食事で新たなエネルギーを摂取するわけですし、ただ消費し続けるなんてことは無理です。
 
後は自分の消費エネルギー量が一日どれくらいかを考えて、一日の摂取カロリーをどれくらいか調整して
一日どれくらい運動や食事でカロリーを消費するのかを考えた上げれば良いですね。
 

 
おわかりの通り、運動で消費できるカロリー量は少ないです。
運動と食事の収支のバランスはやはり大切になってきます。
毎日消費しなければいけないカロリー量を決めたら、運動で何カロリー消費するか、食事でどれくらいカロリーを軽減するかを考えましょう。
 
計算の仕方や考え方がわからなければ、パーソナルトレーニングでご相談ください。
皆さんの体重や年齢に合わせて計算できるものですよ。
 
ただやみくもに食事だけ減らして、病気になってしまわないように気をつけましょう。
一週間のうち、運動の時間をたくさん確保できる方は、運動の内容を考えてあげればよいです。
 
ただ、運動がたくさんできる人も、やみくもに時間をかければよいというわけではありません。
 
朝から晩までジムで筋トレをしている人も稀にいますが、非効率的です。
筋肉の成長のためには時間を区切って短時間で追い込みをかけてあげた方が良いでしょう。
たくさんジムに通える余裕があるのでしたら、セットの組み方を変えるなどして、トレーニングのスケジューリングを上手にできるとより良いです。
 
筋肉の成長を考えるのであれば、一つのターゲット箇所をオールアウト(使い切る)ことが出来ればよいのですから、一部位のトレーニングは1時間以内で追い込みをかけることも出来るのではないでしょうか。
長時間時間をかけることによるデメリットも筋トレにはありますので、集中したトレーニングをお勧めします。
 
という事で、ただ、だらだらと長い時間を運動にかけるというのはお勧めできませんし、ダイエットやトレーニング効率を上げるためにも良いとは言えません。
 
ダイエットで考えるならば、あくまで食事をきちんとしたうえで、「一日当たり何カロリー減らすか、消費するか」を決めて、それを消化していくことが一番です。
 
たくさん脂肪を落としたいのであれば、当然時間はかかります。かかりますが、コツコツ進めていけば、確実に結果は出てきます。
運動での消費、食事での消費は確実にダイエットに効果があります。
 
テストの一夜漬けのように、短時間たくさんやったところで効果は出ませんので、1日無理に長時間運動をするのは辞めておきましょう。
「毎日コツコツ」がカギですね!
 

Please follow and like us:

Facebook104
Facebook
Instagram310
SOCIALICON
?