重量かけてますか?

ブログ

  
 
すっかり梅雨時のような薄暗い一日でしたが、明日からは連休。皆様の心は明るいのでしょうか?
皆さんこんにちは!わたくし、相模原市橋本駅から「徒歩5分」。パーソナルトレーニングジム「たなとれ倶楽部」の田中です。
たなとれ倶楽部では、連休前半は営業しております。一部レッスン休講などもございますが、トレーニングしたいな、という方は是非ご利用ください。
 
今日はトレーニングの仕方について簡単に。

 
ここ10年くらいでしょうか?レジスタンストレーニングという言葉が一般的に使われるようになったのは。
聞いたことあるよ。という方も多い反面、意味はよく分からない。という人が多いのではないかと思います。
 
「レジスタンス」
というのは「抵抗」という英語ですね。という事で、「筋」に抵抗・不可をかけたトレーニングのことを「レジスタンストレーニング」と言います。
 
ん?と思った方もいると思います。
「筋力トレーニング」も「重りで負荷をかけるトレーニングでしょ?」と。
おっしゃる通りです。筋力トレーニングも、筋に負荷をかけるトレーニングです。
色々な本やインターネットの書き込みを見ると混乱しますが、私は

とお伝えしてます。
 
なんとも細かい論文でも書くのならば細やかな定義があるのかもしれませんが、ただ、運動をする側ならば、抵抗をかけて運動するという意味ではどちらも同じですからね。
 
目的も筋力の向上で、日常生活を楽にしたり、慢性疾患の予防改善など、健康のために行うと良いとされています。
筋力トレーニングの目的と同じでしょ?
 
という事で、呼び方はともかく、抵抗をかけてトレーニングを行うという事は全ての年齢の人にとって重要なことです。
軽い抵抗から始め、筋の成長とともに抵抗負荷も上げていく。というのが一般的です。
ダンベル等、道具を使ってトレーニングを行う方法もありますし、自分の体重を負荷にして行う運動も多くあります。
 

写真はダンベル使用のランジウォーク
 
ご自分の家などでも行える運動もあるので、おひとりでもすぐに始められる内容もあります。
思い立ったが吉日、と言いますが、特に病院などで運動を進められて言う方は、まずはご自宅で出来る簡単なものから運動を始めてみると良いと思いますよ。
 
筋肉は、負荷をかけていくと必ず成長していきます。
痛みの予防や改善は一朝一夕でどうにかなるものではありません。
ですが、必ず変化は起きていきます。
 
運動で改善を起こすポイントは一つだけだと思います

ただそれだけですね。
 

痛いからやらない。ではなく、痛いからやる。
 
ちょっと考え方を変えて改善努力をすることは大事ですね。
 
このページをご覧になった方は何かしら体に変化を出したいと考えていらっしゃる方だと思います。
思い立ったが吉日です。まずは運動を始めてみてください!
 
パーソナルトレーニングで、ご自宅でできる運動を紹介することも出来ます。
一度、パーソナルトレーニングをして、後は自宅で復習。一か月したらもう一度パーソナルトレーニングを受けて、また自宅で復習。
のような、「月一パーソナルトレーニング」なんて使い方も良いかもしれませんね!
 
レジスタンストレーニングは大変なものもありますが、楽しいです。身体に必要な負荷をかけながら運動をしていきませんか?
ご利用お待ちしております!
 

Please follow and like us:

Facebook104
Facebook
Instagram310
SOCIALICON
?