ダイエット中の間食

ブログ

  
 
一気に気温が上がってきましたが皆様体調はいかがでしょうか?最近買ったサーキュレーターが大活躍しております。
みなさまこんにちは!相模原市橋本駅から「徒歩5分」。パーソナルトレーニングジム「たなとれ倶楽部」の田中です。
 
ダイエットをしていると、食事の管理はどうしても必要になってきます。
もともと、好きな時に好きなものを、好きなだけ食べていた方にとっては、まずは一番つらいのがこの食事コントロールだと思います。
そして、たまに聞かれるのですが、
 

 
という質問。私はこう答えています。

 
どうですか?少し気が楽になりましたか?(笑)
もちろん、なんでもかんでも、好きな時に好きなだけ食べていいわけではありません。
タイミングと内容を考えて上手に間食を入れます。
 
逆に、上手に間食を入れていくことは良いことです。ちょっと初めは難しいですが、

 
そもそも、間食は食事と食事の間に行うものであって、なにも甘いお菓子を食べるためのものではありません。
「空腹を感じないように」つなぎで口にものを入れておくわけです。
 
実は、この「空腹」を感じすぎるというのはあまり良いことではありません。
人間は「飢餓」にとても弱い生き物で、空腹を感じると、身体が飢えで死んでしまわないように、体の中のものエネルギーに変換します。
この、変換して使用するエネルギーが「筋肉」なのです。
空腹で動けなくなってしまわないように、せっかくつけている筋肉をせっせと分解してしまうのです。
 
そして、皆さんが気にしている「脂肪」、これは一切消費しません。
脂肪はとても高エネルギーです。飢餓が来てしまっても、最後まで、身体に大事に大事に保管しておく修整があります。
ということで、食べないダイエットをしていると、筋肉量が減り、脂肪は減らず、

 
ということで、例えばダイエット中に食事を減らしている時、どうしても空腹を我慢できない状態になったら、そこで上手に間食をしましょう。
 
何を食べればよいですか?という質問は、生活スタイルによって異なります。
例えば、しっかり自炊されていて、食事や仕事のサイクルが自分である程度自由にできる方は、

1日3食ではなく、1日5~6食といった具合です。
これは、それぞれを大盛いっぱいの一食にするのではなく、通常3食で食べていた量を5、6分割します。
食べる量は変わらず、一日のメニューだけ最初にしっかりスケジュールすれば、栄養管理がとてもしやすいです。
 
ただ、どうしてもこの食事スタイルは出来ないという人も多いですね。
例えば、会社勤めをしている方は、お昼休み以外にお弁当を広げるわけにもいかないでしょうし、頻繁にものを食べながら仕事をするのも厳しいと思います。
 
そういった方は、「おやつ」スタイルの間食を入れます。この場合のおやつの考え方ですが、

ダイエット中に不足しやすいビタミンなどを果物で補給したり、足りないたんぱく質を補給します。
なので、プロテインドリンクや、プロテインバー、インシュリンの出が緩やかな低GI食品を摂取すると良いでしょう。
 
プロテインバーなどは最近はとてもおいしい物が多いので、ちょっとしたチョコレート感覚で食べるのであれば、
「甘い物・お菓子が食べたい!」という欲求も満たしてくれるのではないでしょうか。
 
我慢して、我慢して、、我慢できなくなって爆発的に食べ過ぎてしまう事が一番ダイエットにも身体づくりにも良くありません。
どうしても食べたくなってしまったら、内容を選んで間食しましょう。
 
でも、どうしても「甘いもの」をしっかり食べたい!
という方は、前述した「季節の果物」をお勧めします。
当然、フルーツにも「果糖」があり、おいしい果物ほど糖分は高いですので、食べ過ぎは厳禁ですが。常識的な量でしたら許容範囲です。
「甘い物」が堪能でき、ビタミンも補給できるので良いですね。
 
お勧は?と聞かれましたので、これから夏にかけては果物ではないですが、こんなものも良いですよ

です。これは100gあたり
92キロカロリー
糖質 13.8g
たんぱく質 3.6g
脂質 1.7g
食物繊維 3g

 
とうもろこしを絶対に食べなさいと言っているわけではないですよ(念のため)。
ただ、トウモロコシは食物繊維が非常に多いです。さつまいもより多いですね。
ですので、腹持ちが良く空腹を紛らわせるにも向いています。また、食物繊維が豊富ですので、お腹に優しいです。
「減量中、便秘になりやすい」という方には食物繊維豊富な食材はお勧めですよ。
 
内容に気をつければ、間食がダイエットを妨げないという事がだんだんわかってきたと思います。
もっと詳しく間食の方法を知りたい方は、パーソナルトレーニングの時に聞いてくださいね!
 
なんでもかんでも我慢すれば効果があるわけではありません。
特に「絶食」のような我慢はダイエットを確実に失敗させます。
 
リバウンドしたくないのならば、運動と一緒に食事についてしっかり考えていきましょう!
 

Please follow and like us:

Facebook104
Facebook
Instagram310
SOCIALICON
?